鎌ヶ谷市で葬儀を行い、疲れ果てました

母が亡くなり、父もすでに他界していたので、姉が喪主となって、一緒に相談しながら葬儀を行いました。


長く母子家庭だったので、母をみとった時はしばらく呆然としてしまい、今までの思い出や今後の不安などが心の中を駆け巡って、何もする気が起きない状態でした。


とはいえ、そのままにしておくこともできませんので、病院側に紹介された葬儀社の方と話し合いながら葬儀の準備を進めていくことになりました。


恥ずかしながら、こういった冠婚葬祭の手続きをどうしたらいいものか、この年になってもまるでわかっておらず、ほとんど葬儀社の方の提案通りに進めていくことになりました。


特に熱心に宗教を信仰しているわけでもなかったので、オーソドックスな形式で通夜、葬儀、告別式、火葬と進んでいきましたが、一番困ったのは、母の知り合いの方のお名前や連絡先などをほとんど知らなかったので、どなたに連絡するべきか非常に困りました。


とりあえず母の一番古くからの友人の方にお願いして、親しかった方々を中心にしてご連絡させていただいたので、結果として多くの方に参列していただくことが出来ました。


葬儀の前に葬儀社の方から凡その予算と、参列していただく方の人数によっては+αいくらかかかってしまうということでしたが、ほぼ当初の予算内に収まったので、葬儀のトータルの費用としては、だいたい150万円程度だったかと思います。


肉親を亡くして、何も考えられない状況だったので、ほとんどプロにお任せしてしまいましたが、心を落ち着かせる時間もできたので、良かったのではないかと思っています。


葬儀が必要な時は、まずその費用がかかることを考えなくてはならないと思います。


葬儀費用は想像以上にお金のかかるものです。


でも葬儀の最中というのは費用以外にもいろいろな雑務もありますから、それだけというわけにもいかないです。


特にその葬儀の終わりまでは常に気の抜けない状態となってくるのです。


そんな中で葬儀費用のことも判断していかなくてはにけないとなれば、大変なことと思います。


ところでこの葬儀費用というのはどのくらいかかってくるものなのでしょうか。


まずこれは葬儀に対してどのくらい費用が支払われるものなのかということと標準的な葬儀の値段がどのくらいなのかでは少し違う話になってきます。


どうして違うのかというと、葬儀の中でも一般的に使われている費用というのは平均的な数値でしかなくて、それは葬儀費用の実態を示すものではないからです。


そして、標準的な葬儀の費用は、何か決まったものがあるのではなくて最低限のものをそろえた葬儀になります。


葬儀費用


しかし、これはこれでかなり金額に幅があって数十万で済む場合もあれば、大掛かりで百万以上かかる場合もあるのです。